健康の補助役!【足りてない栄養成分を含んだ健康食品を選ぶ】

Menu

人気成分と費用相場

お腹

年齢に応じて変化

健康食品には年齢が高くなる利用率が上がる特徴があり、60歳代では40%以上の方が何らかの健康食品やサプリメントを利用しているというデータが利用調査で確認されています。健康食品を利用している方は、どの年代に於いても「ほとんど毎日飲む」と言われ、習慣となっている事が解ります。健康食品の成分として食物繊維やニンニク、ブルーベリー、乳酸菌などが有名ですが、1年間で最も利用された成分はビタミンCが最も多く、全世代に於いて共通しています。また、ニンニク、ブルーベリーもどの世代でもランクインしています。特徴的なのは50代を過ぎる頃からDHAやEPA、オメガ脂肪酸などの魚成分、ゴマやセサミン、グルコサミンなどの成分摂取量が高くなり、脳の活動や血液の問題、生活習慣病や関節痛予防など、その年齢特有の健康対策が健康食品によって行われている事が解ります。健康食品の価格は様々で、数百円で売られているものから数万円のものまでありますが、習慣的に利用する事を考えると一品当たり数百円から数千円台が健康食品の相場と考えられます。また、年齢別に一ヶ月に掛ける健康食品の費用を見てみると、やはり年齢が高くなるにいつれて支出が高くなる傾向にあることが解ります。10代〜20代では一ヶ月の支出金額は約2,000円、30代〜40代では約3,000円、50代で4,000円、60代ではそれ以上になり、年齢に応じて支出金額は高くなっていきます。

Copyright© 2018 健康の補助役!【足りてない栄養成分を含んだ健康食品を選ぶ】 All Rights Reserved.